古相馬筒描き窓絵吉祥文茶壺

江戸後期から明治にかけての大堀相馬焼として発展した筒描き技法で制作された茶壺です。残念ながら現在は途絶えていますが、大堀相馬焼の歴史の中で一番優れた技法であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です